ポケットWiFi徹底比較|おすすめ機種から基礎知識まで解説!

ポケットWiFiと言ってもいろんな種類があるので、何が何だか分からないと思います。

私自身もWiMAXを使っていますが、何やらポケットWiFiはWiMAX以外にもいろいろあるんですね…

私自身も混乱しているんですが、できるだけ分かりやすく基礎知識やおすすめの機種の比較を解説していきたいと思います。

 

ポケットWiFiにはWiMAXとLTEの通信方式がある

まず、そもそも何ですが、ポケットWiFiと一言で言っても、通信方式にはWiMAXとLTEの2つの方式があるんです。

  • WiMAX…地方になると電波が繋がらない場合も。料金は安め。
  • LTE…人口の99%以上をカバー。料金が割高。

ちなみに速度についてはLTEの方が早いです。

私自身勘違いしていたんですが、WiMAXの方が速いわけではないんですね。

ただ、正直なところ、速度が速いといっても、かなり限定的な条件での最高速度となります。

普通に使っていてどっちが使いやすいかと言ったら、どちらも十分使いやすいと言えるでしょう。

では速度制限についてはどうなんでしょうか?

 

基本速度制限はない

WiMAXについては基本的に速度制限はないに等しいと考えてもらえればと思います。

これはあくまでギガ放題プランを選んだ場合ですが、速度制限はあってないようなものと言えるくらい厳しいものではありません。

※WiMAXのギガ放題での速度制限


  • 直近3日間の通信量の合計が10GBになった場合に制限。
  • 10GBを超えた翌日18時~翌々日2時までの8時間が対象。
  • 速度は1Mbpsに制限。

とりあえず1Mbpsの速度が出ていればネットは問題なく使えます。

で、LTEの方の速度制限についてなんですが、こちらも最近使い放題のプランも使えるようになってきて、やはり3日で10GBという制限が設けられています。

ただ、3日で10GBに達することもそうそうないでしょう。動画をたくさん観なければ。

 

料金はプロバイダーによってまちまち

料金についてはWiMAXが安いとかLTEが安いとかではなく、プロバイダーによって安いかどうかが変わってきます。

同じWiMAX同士であっても料金が大きく変わってきたりします。

そしてその料金の違いを巧みな宣伝方法でうまくごまかしているプロバイダーも多いわけですが。

ではおすすめのプロバイダーは?ということですが、料金の安い所を選ぶといいでしょう。

基本的にポケットWiFiと言ってもサービスが大きく異なるわけではありません。

それだったら料金が安いプロバイダーを選ぶのが一番ということになりますよね。

 

おすすめのポケットWiFiのプロバイダーならこれ!

おすすめのプロバイダーということで、いくつか紹介していきますね。

 

①GMOとくとくBB

WiMAXを契約したいのであれば、まず真っ先におすすめしたいのがGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBはとにかく料金が安いことで有名です。いろんなブログやサイトでも紹介されている人気プロバイダーです。

ではどういったお得な特典が用意されているのか?ということで簡単に紹介しますね。

※おすすめポイント


  • 4万円以上の高額キャッシュバックキャンペーンを実施
  • 毎月の料金が安くなる月額割引キャンペーンも実施
  • 初月800円から始められる得の極みキャンペーンも実施
  • 学割や紹介キャンペーンも充実

各種キャンペーンの充実によってお得な料金でとくとくBBを始められます。

デメリットを挙げるとすれば、キャンペーンが多すぎることですかね(笑)

あとはキャッシュバックの手続きがやや面倒なことでしょうか?

キャッシュバックの案内は契約から11か月目で来るので、気付いたら忘れていて「結局受け取れなかった…」となってしまうかもしれません。

もしそれが心配でしたら、月額割引キャンペーンを利用するといいでしょう。

月額割引キャンペーンでも十分お得な割引が受けられますよ!

詳しい解説はこちらをどうぞ。

⇒ GMOとくとくBBの評判をチェック!

 

②ブロードワイマックス

ブロードワイマックスも人気のWiMAXプロバイダーです。

ただ、料金を見てしまうと、どうしてもGMOとくとくBBには劣ってしまいます。

ではブロードワイマックスはどういった点で優れているのか?

ということですが、ブロードワイマックスは「違約金負担キャンペーン」というもので、他社との差別化をしています。

他社からブロードワイマックスに乗り換える際に違約金を最大で19000円まで負担してくれます。

本来であれば契約の途中で他社に乗り換えるには違約金が発生するものです。この違約金があるからなかなか解約ができないんですよね…

ですが、ブロードワイマックスでは違約金をたっぷりと負担してくれますから、たとえ他社で契約中であっても安心して乗り換えることができるということなんですね。

ユーザーの囲い込みのためのブロードワイマックスの本気の戦略と言えます!

ただ、ブロードワイマックスは3年契約というのがネックになってしまいます。※GMOとくとくBBは2年契約も可能。

こういったことからも基本的にはGMOとくとくBBをおすすめします。

ただ、違約金負担キャンペーンは魅力的なキャンペーンなので、どうしても契約途中で他社を解約したい人はブロードワイマックスを選んでみてもいいでしょう!

⇒ ブロードワイマックスの評判をチェック!

 

③ヤフーWiFi

ヤフーWiFiはLTEのポケットWiFiです。料金がとにかく安いのが特徴です。

料金が安くてなおかつエリアの広いLTEということで、使い勝手はいいでしょう。

地方や山間部などに住んでいる方におすすめのポケットWiFiです。

また、配送もスムーズで早ければ、申し込みの翌日に届くこともあります。

 

ポケットWiFiについてのまとめ

ポケットWiFiはWiMAXとLTEの2つの通信方式があります。

エリアや速度などに違いはありますが、基本的には料金で選ぶといいでしょう。

WiMAXよりもLTEの方がエリアは広いので、もしエリアが心配な方はLTEの方を使うのもいいかもしれません。

ただ、WiMAXでもLTE回線を利用したハイスピードプラスエリアモードという通信モードが使えます。

このハイスピードプラスエリアモードを使えば、WiMAXのエリア外でも安心ですね♪

 

SNSでもご購読できます。