GMOとくとくBBは評判通り?実際の口コミから分かったこと

WiMAXプロバイダーの中でも特に人気の高いGMOとくとくBB

人気のプロバイダーだからこそ悪い評判というのも気にならないでしょうか?

「実は裏があるんでしょ!?」

そう疑う人も中にはいるでしょう。私自身、とくとくBB契約前はかなり慎重になりましたしね(笑)

今回はGMOとくとくBBの実際の口コミから分かったことを紹介していきます。

 

GMOとくとくBBの口コミからわかったこと

実際に口コミを見ていて感じたのは、キャッシュバックについての悪い口コミが圧倒的に多かったということです。

GMOとくとくBBでは他社と比べても高額なキャッシュバックキャンペーンを実施していることでも有名です。

ただ、そのキャッシュバックキャンペーンがかなり面倒なんですよね。内容を簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 契約後11ヶ月後に案内のメールが届く。
  • メールは普段使っているアドレス宛ではなく、GMOの専用メールに届く。
  • メールに記載されたURLから手続きをする。

まず、11か月とというかなり遅い時期にメールが来るのが面倒です…

これは明らかにキャッシュバックのもらい損ねを狙っているとしか思えません。

そして、メールが届くのも自分が普段使っているメールに届くのではなく、とくとくBBの専用メールアドレスに届くので、うっかりメールを見逃す可能性があります。

このようにGMOとくとくBBのキャッシュバックには二重にも三重にも罠が仕掛けられています。

 

キャッシュバックを受け取れないと本当に損!

ちなみにGMOとくとくBBではキャッシュバックキャンペーンの他に月額割引キャンペーンも実施しています。

この月額割引キャンペーンはキャッシュバックを受け取らない代わりに、月額料金がお得になるというものです。

キャッシュバックキャンペーンでの申し込みと料金を比較してみましょう!

※月平均で計算


  • キャッシュバック…3154円(ギガ)、2553円(通常)
  • 月額割引…3253円(ギガ)、2729円(通常)

キャッシュバックキャンペーンの方がキャッシュバックがもらえる分、月額割引キャンペーンよりもお得です。

ただ、これが仮にキャッシュバックが受け取れなかったら、圧倒的に損することになります。

仮にキャッシュバックをもらい損ねた場合で料金を比較してみましょう。


  • キャッシュバック…4292円(ギガ)、3691円(通常)
  • 月額割引…3253円(ギガ)、2729円(通常)

このようにものすごい割高になってしまっているのがわかりますよね…

おそらくGMOとくとくBBもこれを狙っているんだと思います。ユーザーがうっかりキャッシュバックをもらい損ねることを。

ちなみに衝撃のデータがあるんですが、実際にキャッシュバックを受け取れている人は3~4割程度しかいないみたいですよ…

これ、ヤバくないですか?

それだけGMOとくとくBBにいいようにやられているということなんです。

 

心配なら月額割引キャンペーンで申し込もう!

高額なキャッシュバックキャンペーンには裏があることが分かりました。

なのでもし心配なら月額割引キャンペーンから申し込んだ方がいいですね。

私自身、月額割引キャンペーンでGMOとくとくBBを申し込みました。理由はこちら。

  • キャッシュバックの手続きが面倒だった
  • すぐに割引してほしかった

正直言うと、2番目の理由が大きかったです。

当時の私は本当にお金がなく、WiMAXの契約でもとにかく目の前の料金を抑えることを考えていました。

そんな時に実施していたのがGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンです。

たしかにキャッシュバックキャンペーンの方が実質的にはお得ではあるんですが、目の前の月額料金が高くては生活していけません…

それぐらい生活費がきつい状況だったので月額割引キャンペーンで契約しました。

 

GMOとくとくBBのキャンペーンの種類

GMOとくとくBBではキャッシュバックキャンペーンや月額割引キャンペーンがメインで紹介されていますが、他にもキャンペーンはあります。

ここでは各種キャンペーンの種類について紹介していきます。

 

キャッシュバックキャンペーン

一番有名なキャンペーンですね。何度も言っていますが、高額なキャッシュバックがウリの反面、手続きが面倒というデメリットがあります。

ただ、2年契約ができるというメリットもあります。

 

月額割引キャンペーン

キャッシュバックを受け取らない代わりに、月額料金が安くなるキャンペーンです。

面倒な手続きがないのに毎月の料金がお得になるのでおすすめです。私自身もこのキャンペーンで申し込みました。

ただ、現在は残念ながら3年契約でしか、このキャンペーンは申し込めなくなりました。

 

得の極みキャンペーン

初月800円から始められるキャンペーンです。

かなりインパクトのあるキャンペーンですが、お得感はありません。というのも初月以外の料金が割高だからです。

長い目で見ればおすすめできないキャンペーンですが、もし初期費用をどうしても抑えたいなら申し込んでもいいと思います。

 

学割キャンペーン

学生や教職員さん限定で実施されているキャンペーンです。

実はこの学割キャンペーンの方がキャッシュバックキャンペーンよりもお得な内容となっています。

というのも最新機種で申し込めて、キャッシュバック額も多いからなんです。

通常のキャッシュバックキャンペーンで「42000円キャッシュバック」などと宣伝されているのは、古い機種を注文した場合なんです。

実際、最新機種を注文するとなると、キャッシュバック額は学割キャンペーンでのキャッシュバック額よりも少なくなります。

学生さんや教職員さんなら迷わず申し込みたいキャンペーンです。

 

紹介キャンペーン

友達にGMOとくとくBBを紹介して申し込んでもらうことで、5000円~6000円のお金がもらえます。

ちなみに紹介できる人数は2年間で3人までと決まっています。

これもたぶんたくさん紹介するとGMOとくとくBBが大変なことになるからでしょうね。

今の時代、ネットで紹介することはいくらでもできます。そういったネット経由での紹介をできるだけ抑えているのかもしれません。

ただ、利用人数が限られるものの、紹介キャンペーンはお得な内容なので、もし知り合いにGMOとくとくBBを利用したい人がいたら、ぜひ紹介してあげてくださいね♪

 

最後に:何だかんだGMOとくとくBBはおすすめ!

GMOとくとくBBについてはキャッシュバックの受け取りづらさの悪い口コミが圧倒的に多いのは確かです。

ただ、手続きをきちんとこなせばキャッシュバックはもらえますし、それでも手続きが面倒なら月額割引キャンペーンというものも用意されています。

どちらのキャンペーンを選んでも他社と比べて非常にお得な料金となっていますので、何だかんだGMOとくとくBBはおすすめのプロバイダーですよ♪

大手のGMOだからお金もたくさんかけられるんでしょう!

ということでGMOとくとくBBはおすすめのプロバイダーです。

 

■こちらもどうぞ

 

ブロードワイマックスの評判や速度などを徹底解説!

WiMAXプロバイダーの中でも人気の高いブロードワイマックス

ポケットWiFiの中でもおすすめのプロバイダーの1つではあるんですが、実際の評判はどうなんでしょうか?

実は調べてみると良い口コミもあれば、悪い口コミもあったんです!

こうのような情報を聞くとやはり気になるのは悪い口コミの方ですよね。

実際どんな悪い口コミがあったのか?本当は評判が悪いのか?

気になるブロードワイマックスの実際のところを解説していきます!

 

ブロードワイマックスで評判が悪い原因は?

ブロードワイマックスの評判を悪くしている原因、それを挙げると以下のようなものがあります。

  • 初期費用無料のキャンペーンが詐欺
  • サポートの対応が悪い

これらについてきちんと補足していきますね。

 

初期費用無料のキャンペーンが詐欺?

初期費用のキャンペーンというのはご存知でしょうか?

ブロードワイマックスでは初期費用として18857円がかかるんですが、この18857円というのが無料になるというキャンペーンです。

「無料になるならお得だよね?」

と思うかもしれませんが、決してそんなことはないんです。

そもそもですが、この18857円ってどこから来ているんでしょうか?何の料金なんでしょうか?

……

正直サッパリわかりませんよね。

この初期費用は本当に意味不明なもので、単なる罰則なんじゃないか?と思うくらいです。

ちなみに他社プロバイダーではこんな高額な初期費用は設けられていません。ブロードワイマックスだけの不思議な初期費用です。

 

しかも事務手数料が別でかかる

さらに問題なのが、この18857円という初期費用の他に3000円の事務手数料がかかるということです。

この3000円は他のプロバイダーでも普通に発生するものなんですが、ブロードワイマックスではこの3000円の他に18857円が余計に取られるということなんですね。

※初期費用比較


  • ブロードワイマックス…3000円+18857円
  • GMOとくとくBB…3000円
  • So-net…3000円
  • @nifty…3000円
  • UQ WiMAX…3000円

このように他社と比べても割高になっているのがわかります。

ちなみにブロードワイマックスの初期費用のうち18857円は無料にできるわけですが、その無料条件が複雑なのもブロードワイマックスの評判を悪くしている要因なのかもしれません。

 

初期費用18857円を無料にする条件とは?

初期費用を無料にする条件は次の通りです。


  • ネットから申し込む
  • クレジットカード払いにする
  • 安心サポートプラスに加入する
  • My Broadサポートに加入する

実はこれだけの条件が必要なんです。そして1つでも欠けると初期費用は無料になりません。

ではそれぞれどういった内容なのか紹介していきますね。

 

条件①:ネットから申し込む

1つ目の条件がネットからの申し込みです。

ブロードワイマックスではネットと電話の2種類の申し込み方法があります。

このうち初期費用を無料にできるのはネットからの申し込みのみです。

電話だといろいろ聞けていいかもしれませんが、申し込みの際は必ずネットから申し込むようにしましょう!

 

条件②:クレジットカード払いにする

条件の2つ目がクレジットカード払いにする事。

ブロードワイマックスの支払い方法はクレジットカードと口座振替の2種類があります。

このうち初期費用を無料にできるのはクレジットカードのみとなっています。口座振替を選択してしまうと18857円がかかってしまいます。

ちなみに口座振替に対応しているプロバイダーは他にも

  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE

などがあります。

これだけ限られたプロバイダーしかないのに、その中でよくわからない初期費用のせいで口座振替が選びにくいブロードワイマックスはそれだけで損していますよね…

 

条件③:安心サポートプラスに加入する

安心サポートプラスはWiMAX端末の故障時に無料で保証してくれるサービスです。通常の故障の他に水濡れによる故障も保証の対象となっています。

ただ、この安心サポートプラスは必要ないでしょう。

というのも端末が壊れるのって滅多にないからなんです。

でも初期費用を無料にするためには安心サポートプラスに加入しないといけない…

仕方ないので加入する方がいいですが、すぐに解約してしまいましょう!

ちなみに安心サポートプラスは残念ながら無料のお試し期間というのがありません。

初月から有料のオプションとなっており、どう頑張って解約しても初月分の料金は払うことになります。

 

条件④:My Broadサポートに加入する

4つ目の条件がMy Broadサポートです。

こちらはパソコン関係のサポートが受けられるサービスです。例えばこういったサービスが受けられます。

  • パソコンの困りごとを電話で相談
  • 遠隔操作でパソコンの困りごとを解消
  • 専用のメールアドレスが作れる
  • セキュリティソフトが使える

これらもぶっちゃけ必要ないですね。すべて無料で解決できてしまいます。

 

初期費用さえ何とかなればブロードワイマックスはそこそこお得

主に初期費用の悪い評判について解説してきましたが、ブロードワイマックスはこの初期費用さえ何とかなれば、それなりにお得なプロバイダーと言えます。

おすすめできるポイントをいくつか紹介していきますね!

 

違約金を負担してくれる

ブロードワイマックスでは違約金負担キャンペーンというものを実施しています。

このキャンペーンはかなりお得な内容です。

他社プロバイダーを途中で解約するとなると、違約金を払うのが嫌ですよね…

ですが、ブロードワイマックスの違約金負担キャンペーンを利用することで、他社からの乗り換え時に発生する違約金が大幅軽減されるんです。

最大で19000円も違約金を負担してくれますよ!

GMOとくとくBBなどの一部プロバイダーでは19000円以上の違約金が発生することもありますが、それでも違約金の半分以上がカットされるのは大きいですよね!

ブロードワイマックスが独自に実施しているお得すぎるキャンペーンです。

 

ご満足保証で他社乗り換え無料

もしブロードワイマックスを使っていて満足できなければ、契約の途中でも解約して無料で他社に乗り換えられます。

第二の違約金負担キャンペーンと言ってもいいですね。

しかも乗り換え先の契約手続きはブロードワイマックスの方でやってくれるんですよ!

もしもの時も安心して他社に乗り換えられますね♪

ただ、このキャンペーンで注意したいのがWiMAXプロバイダーには乗り換えられないということ。LTEへの乗り換えか光回線への乗り換えのみとなります。

 

ブロードワイマックスの料金は最安ではない

ブロードワイマックスは業界最安をうたっていますが、最安ではありません。上の画像を見ても「最安級」なので最安ではないということですね。

たしかにブロードワイマックスは月額料金は安めの方ですが、他社と比べると「?」な部分もあります。

もし本当に最安のプロバイダーをお探しならGMOとくとくBBの方がいいでしょう。

GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンでも月額割引キャンペーンでもお得な料金となっています。

ということで最後にとくとくBBの関連記事へのリンクを貼っておきますので、気になる方はチェックしてみてください。

⇒ GMOとくとくBBの詳しい解説はこちら

 

ポケットWiFi徹底比較|おすすめ機種から基礎知識まで解説!

ポケットWiFiと言ってもいろんな種類があるので、何が何だか分からないと思います。

私自身もWiMAXを使っていますが、何やらポケットWiFiはWiMAX以外にもいろいろあるんですね…

私自身も混乱しているんですが、できるだけ分かりやすく基礎知識やおすすめの機種の比較を解説していきたいと思います。

 

ポケットWiFiにはWiMAXとLTEの通信方式がある

まず、そもそも何ですが、ポケットWiFiと一言で言っても、通信方式にはWiMAXとLTEの2つの方式があるんです。

  • WiMAX…地方になると電波が繋がらない場合も。料金は安め。
  • LTE…人口の99%以上をカバー。料金が割高。

ちなみに速度についてはLTEの方が早いです。

私自身勘違いしていたんですが、WiMAXの方が速いわけではないんですね。

ただ、正直なところ、速度が速いといっても、かなり限定的な条件での最高速度となります。

普通に使っていてどっちが使いやすいかと言ったら、どちらも十分使いやすいと言えるでしょう。

では速度制限についてはどうなんでしょうか?

 

基本速度制限はない

WiMAXについては基本的に速度制限はないに等しいと考えてもらえればと思います。

これはあくまでギガ放題プランを選んだ場合ですが、速度制限はあってないようなものと言えるくらい厳しいものではありません。

※WiMAXのギガ放題での速度制限


  • 直近3日間の通信量の合計が10GBになった場合に制限。
  • 10GBを超えた翌日18時~翌々日2時までの8時間が対象。
  • 速度は1Mbpsに制限。

とりあえず1Mbpsの速度が出ていればネットは問題なく使えます。

で、LTEの方の速度制限についてなんですが、こちらも最近使い放題のプランも使えるようになってきて、やはり3日で10GBという制限が設けられています。

ただ、3日で10GBに達することもそうそうないでしょう。動画をたくさん観なければ。

 

料金はプロバイダーによってまちまち

料金についてはWiMAXが安いとかLTEが安いとかではなく、プロバイダーによって安いかどうかが変わってきます。

同じWiMAX同士であっても料金が大きく変わってきたりします。

そしてその料金の違いを巧みな宣伝方法でうまくごまかしているプロバイダーも多いわけですが。

ではおすすめのプロバイダーは?ということですが、料金の安い所を選ぶといいでしょう。

基本的にポケットWiFiと言ってもサービスが大きく異なるわけではありません。

それだったら料金が安いプロバイダーを選ぶのが一番ということになりますよね。

 

おすすめのポケットWiFiのプロバイダーならこれ!

おすすめのプロバイダーということで、いくつか紹介していきますね。

 

①GMOとくとくBB

WiMAXを契約したいのであれば、まず真っ先におすすめしたいのがGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBはとにかく料金が安いことで有名です。いろんなブログやサイトでも紹介されている人気プロバイダーです。

ではどういったお得な特典が用意されているのか?ということで簡単に紹介しますね。

※おすすめポイント


  • 4万円以上の高額キャッシュバックキャンペーンを実施
  • 毎月の料金が安くなる月額割引キャンペーンも実施
  • 初月800円から始められる得の極みキャンペーンも実施
  • 学割や紹介キャンペーンも充実

各種キャンペーンの充実によってお得な料金でとくとくBBを始められます。

デメリットを挙げるとすれば、キャンペーンが多すぎることですかね(笑)

あとはキャッシュバックの手続きがやや面倒なことでしょうか?

キャッシュバックの案内は契約から11か月目で来るので、気付いたら忘れていて「結局受け取れなかった…」となってしまうかもしれません。

もしそれが心配でしたら、月額割引キャンペーンを利用するといいでしょう。

月額割引キャンペーンでも十分お得な割引が受けられますよ!

詳しい解説はこちらをどうぞ。

⇒ GMOとくとくBBの評判をチェック!

 

②ブロードワイマックス

ブロードワイマックスも人気のWiMAXプロバイダーです。

ただ、料金を見てしまうと、どうしてもGMOとくとくBBには劣ってしまいます。

ではブロードワイマックスはどういった点で優れているのか?

ということですが、ブロードワイマックスは「違約金負担キャンペーン」というもので、他社との差別化をしています。

他社からブロードワイマックスに乗り換える際に違約金を最大で19000円まで負担してくれます。

本来であれば契約の途中で他社に乗り換えるには違約金が発生するものです。この違約金があるからなかなか解約ができないんですよね…

ですが、ブロードワイマックスでは違約金をたっぷりと負担してくれますから、たとえ他社で契約中であっても安心して乗り換えることができるということなんですね。

ユーザーの囲い込みのためのブロードワイマックスの本気の戦略と言えます!

ただ、ブロードワイマックスは3年契約というのがネックになってしまいます。※GMOとくとくBBは2年契約も可能。

こういったことからも基本的にはGMOとくとくBBをおすすめします。

ただ、違約金負担キャンペーンは魅力的なキャンペーンなので、どうしても契約途中で他社を解約したい人はブロードワイマックスを選んでみてもいいでしょう!

⇒ ブロードワイマックスの評判をチェック!

 

③ヤフーWiFi

ヤフーWiFiはLTEのポケットWiFiです。料金がとにかく安いのが特徴です。

料金が安くてなおかつエリアの広いLTEということで、使い勝手はいいでしょう。

地方や山間部などに住んでいる方におすすめのポケットWiFiです。

また、配送もスムーズで早ければ、申し込みの翌日に届くこともあります。

 

ポケットWiFiについてのまとめ

ポケットWiFiはWiMAXとLTEの2つの通信方式があります。

エリアや速度などに違いはありますが、基本的には料金で選ぶといいでしょう。

WiMAXよりもLTEの方がエリアは広いので、もしエリアが心配な方はLTEの方を使うのもいいかもしれません。

ただ、WiMAXでもLTE回線を利用したハイスピードプラスエリアモードという通信モードが使えます。

このハイスピードプラスエリアモードを使えば、WiMAXのエリア外でも安心ですね♪